赤ちゃんが授かる身体づくり、不妊治療で行われる検査や注意点とは

結婚したら子供を授かることが”当たり前”ではない今の時代、不妊治療を行って授かるカップルが多くいます。 自分に合う病院探しからはじめて、不妊治療の種類も色々あるので、夫婦2人でしっかり話し合って不妊治療を進めていく必要があります。 今回は不妊治療を考えている方たちに向けて、不妊治療の種類や費用などを説明していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/10/31 公開 | 154 view

赤ちゃんが授かる身体づくり、不妊治療で行われる検査や注意点とは

不妊治療を始める前に知っておいて欲しいこと

Free vector graphic: Baby, Bird, Delivery, Female, Girl - Free Image on Pixabay - 1299514 (1379)

一昔前は、結婚をして、子作りをすれば子供を授かるのが当たり前という考えでした。

しかし、近年は不妊に悩むカップルが多く、授かるのが当たり前という考えはなくなりつつあります。

結婚して積極的に子作りをして1年以内に授かるカップルは約9割と言われています。
しかし、子作りををしても1年以内に妊娠していない方は約1割もいるということです。

晩婚カップルの方で、1年を過ぎても妊娠しない場合は、一度専門家に相談してみることをオススメします。

不妊治療を始める時の検査方法は?

Free photo: Sperm, Fertilization, Pregnancy - Free Image on Pixabay - 956480 (1383)

不妊の原因は、女性側という考えになることが多いのですが、男性側にも原因があることが多いのが現状です。
不妊治療をするなら2人でしっかりと話し合い、理解をして病院に行くようにしましょう。

・一般不妊治療

まずは、基礎体温を参考に超音波やホルモン検査を行い、医師が排卵日を予想しその日に子作りをするという【タイミング法】を試します。
5周期で約9割のカップルが妊娠することが出来るというこの方法は、保険も適用されるので、数千円で行うことが出来ます。
続いて、【ホルモン療法】です。
ホルモン剤による排卵誘発をさせる治療法です。
排卵に障害がある場合、黄体機能不全により着床しない場合などに用いられます。飲み薬と注射薬があり、選ぶことが出来ます。
費用は1,000円〜3,500円/1本(1回使用平均5〜7本)です。
タイミング法や、ホルモン療法で妊娠しなかった場合は、【人工授精】を試すことになります。
精子を採取して病院で処理してから、子宮に注入するというものです。
人口受精と聞くと言葉に戸惑うかもしれませんが、自然妊娠と変わりません!
妊娠のお手伝いをしてもらう、と考えて下さい。
お手伝いにより開始から6周期程度で妊娠するケースが多いと言われています。
費用は保険適用外なので、5,000円〜20,000円です。

・高度生殖医療

一般不妊治療で妊娠しなかった場合に用いられるのが、高度生殖医療の手法の一つである【体外受精】です。
女性の卵巣から卵子を取り出し、体外で精子と受精させて受精卵を子宮に戻す方法です。
年齢や卵巣の状態や治療の経過などを参考に、排卵誘発剤を使用して、複数の卵子を育てます。
費用は、200,000円〜450,000円と高額になりますが、一回で妊娠する確率は一般不妊治療よりも高いとされています。
体外受精の一種【顕微授精】とは、顕微鏡を使って、精子を含んだ針を卵子の核に刺して注入するという、高度な治療方法です。
費用は、250,000円〜500.000円です。
22 件