赤ちゃんもママもリラックス!「授乳服のルームウェア」を選ぼう♪

産後、母乳をあげているママは胸を出しやすい服装が便利ですよね。普通の服をたくし上げてもいいけれど、授乳服ならもっと快適に。しかもそれがオシャレな授乳服なら、なかなか外出できないママも楽チンで気分もアガります。今は授乳服のルームウェアが色々出ているので、この時期限定のオシャレを楽しんでしまいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/06 公開 | 380 view

赤ちゃんもママもリラックス!「授乳服のルームウェア」を選ぼう♪

「授乳服」と「普通の服」何が違うの?

<授乳服・マタニティ・トップス>バックスリット・ボーダーT(重ね着風・サイドスリット)※ (17622)

授乳服は赤ちゃんにおっぱいをあげるための機能が付いた服のことで、胸の部分をサッと出せて素早く授乳ができるような作りになっています。
もちろん普通の服でも授乳はできますが、赤ちゃんの顔に服がかかってしまったり、よだれや母乳が服についたりと不便を感じることも。授乳服なら胸の部分が開くためそのような不便はありませんし、何より胸部分を開けるだけなので授乳がとてもスムーズ。
母乳育児をするママにとって、とても便利な優秀ファッションアイテムなんです♪

「授乳服」のルームウェアはとても便利♪

 (17624)

月齢が低いうちは赤ちゃんは頻繁におっぱいを欲しがります。赤ちゃんが欲しがったらすぐに飲ませてあげたいですよね。でもその度に服をたくし上げたりいくつもボタンを外したりするのは面倒・・・。
そんなとき、サッと胸を出せる授乳服があればとっても便利!
赤ちゃんを寝かしつけながら添い乳をする時にも、胸の部分を開けるだけなので服のスソが赤ちゃんの顔にかかる心配もありません。
また、服をたくし上げた状態で何回も授乳をしているとママのお腹も冷えてしまいますが、授乳服は肌の露出が胸だけに抑えられるため、冷え防止にも役立ちます。

「授乳服」のルームウェアは可愛いのも多い!

 (17636)

「授乳服」「ルームウェア」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?機能優先の服だし、外出するものではないからなんだか地味そう・・・そんな印象を抱いているとしたらもったいない!最近の授乳服にはビックリするくらいオシャレで可愛いものがたくさんあるんです。
便利で楽チンなのに可愛さもあるルームウェアは、赤ちゃんのお世話にてんてこまいのママの強い味方になってくれます。
通販でもたくさん売っているので、育児の息抜きに選ぶのも楽しいですよ♪

「授乳服」のルームウェアは「どういった種類」があるの?

 (17619)

授乳服と一口に言ってもその種類はさまざま。ワンピースやカットソー、シャツタイプまであらゆる洋服に授乳服があります。
また、授乳口も色々あるので自分に合ったタイプのものを見つけられると良いですね。授乳口には以下のようなものがあります。

・カシュクールタイプ
・ボタンやホックで留めるタイプ
・留め具なしで大きな布地が授乳口を覆っているタイプ
・重ね着タイプ(授乳口のあるキャミソール+ブラウスなどの一体型) など

また授乳口が開く方向も、上下に開いたり左右に開いたりと違いがあります。自分がどのような体勢で授乳することが多いかも考慮して選びましょう。
ちなみに私は留め具を留めるのも面倒だったため、カシュクールタイプを愛用していました。

「授乳服」のルームウェアは「妊娠期間」も使える!

Free photo: Blurred Background, Casual, Fashion - Free Image on Pixabay - 1866962 (17601)

授乳服のルームウェアには妊娠期間中も使えるタイプがあり、「産前産後対応」「マタニティ・授乳服」などと表示のあるものはそれにあたります。マタニティウェアは胸やお腹周りがゆったりしていることもあり、産後の体形が戻らないうちは特に重宝するんですよね。
出産してから授乳服を選ぶとなるとバタバタしがち。出産前にお気に入りのマタニティ兼授乳服をゲットしておくと産後に焦ることもありませんし、妊娠期~授乳期の長い期間使用できるためお得感もありますよ。
授乳口付きの可愛いマタニティウェアで、妊娠期、入院中、産後を過ごしちゃいましょう♪
36 件

関連する記事