お月見スイーツおすすめレシピ16選♡お月見団子だけじゃない!?意外なメニューまで大公開♪

お月見といえばお月見団子ですが、最近では団子以外にもお月見スイーツとして楽しむ方が増えているようです。もちろんお月見団子のレシピもチェックして、ケーキにクッキーにマフィンなど幅広くお月見スイーツのレシピを紹介していきます♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/09 公開 | 2112 view

お月見スイーツおすすめレシピ16選♡お月見団子だけじゃない!?意外なメニューまで大公開♪

お月見スイーツはお月見団子以外でもOK!

 (77965)

秋はスイーツが食べたくなりますね♪今年はお月見をしながらスイーツを食べて、ちょっと贅沢な気分を味わってみませんか?お月見なのに、お月見団子じゃなくていいの?という方に、まずはなぜ十五夜には団子を食べる習慣があるのか紹介します♪

そもそも十五夜と中秋の名月って何?

まず十五夜とは、旧暦の8月15日から16日かけての夜のことを指しています。また旧暦の秋は7月と8月と9月を指していて、この期間のちょうど真ん中にあたる8月15日を「中秋の名月」と呼ぶようになりました。中秋の頃の月は大変きれいに見えるので、昔の貴族たちがお月見をするようになったと言われています。

お月見団子を食べるようになった理由は?

貴族が楽しんでいたお月見が今度は庶民にも広がり、農村ではちょうど十五夜の頃が農作物の収穫の時期になっていました。農村の方達はお米の収穫で生活が変わるので、収穫できた感謝の気持ちから、秋に収穫したお米を使って月にお供えするようになったそうです。

お月見団子以外でもOKな理由って?

お月見団子の由来が、お米が収穫できた感謝の気持ちを表すためと紹介しましたが、秋に収穫できるものはお米だけではなく、芋類やフルーツなどもあります。それらをお供えする習慣もあるため、秋にまつわるスイーツなら、お米で作ったお団子以外でも実は大丈夫なんですよ♪

そして現代では、もっとカジュアルな感じでお月見を楽しもう♪という流れになっているので、せっかくならお月見スイーツとして楽しもうという方が増えているんですね♡

お月見スイーツレシピ☆まずは手軽に定番のお月見団子♪

 (77967)

まずは基本のお月見団子からチェックしていきましょう♪お月見団子と月はやはり絵になります。片手で食べられるので、お茶を飲みながらぜひ楽しみたいですね♡

お月見スイーツレシピ☆ちょっと違う味で楽しいお月見団子♪

52 件