栄養たっぷり♪「トマト」を使った離乳食♡基本の調理法と注意点

離乳食が始まって、レシピに困ったり準備に追われたり忙しいママさん!トマトは食べさせていますか??トマトは栄養が豊富で調理も簡単な万能野菜♡今回はそんな魅力的なトマトの基本的な調理法と注意点についてまとめました。上手に使ってレパートリーを増やしませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/11/30 公開 | 512 view

栄養たっぷり♪「トマト」を使った離乳食♡基本の調理法と注意点

トマトは栄養たっぷり♪

トマトの栄養 | ナガノトマト (7230)

「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われている様に、豊富な栄養成分が、バランス良く含まれているトマト。 一般的な野菜に多く含まれるビタミンAやビタミンCが豊富なのはもちろん、ビタミンEも含んでいます。さらにカリウムや食物繊維など、トマトに含まれる栄養成分は実に好バランスで、現代人の食生活にピッタリの食材といえますね。

赤ちゃんにはいつからあげられるの??

赤ちゃんによって好みは様々ですが…

Free photo: Mediterranean, Food, Tomatoes, Red - Free Image on Pixabay - 346997 (7238)

離乳食初期からOKです!

トマトは離乳食初期から使う事が出来る野菜です。比較的甘い野菜で水分も多く食べ易い為、つぶし粥に慣れたら少しづつ与えてみましょう。種や皮は硬くて消化が悪いので赤ちゃんがお腹を壊したり、下痢になってしまったりします。ある程度赤ちゃんが成長して消化吸収力が付くまで取り除き、離乳食初期は加熱して料理に使いましょう。1歳頃からは生のままでも下痢をおこしにくくなりますが、夏野菜のトマトは身体を冷やしてしまう効果がある為、1度に沢山あげるのは控えましょう。

基本の調理法・保存法は??

調理はとても簡単♪

Free photo: Tomatoes, Soup, Vegetables, Healthy - Free Image on Pixabay - 1822185 (7245)

【離乳食期のトマトの下ごしらえ】

①トマトは皮を湯むきします。よく洗ったトマトの底の部分に十字の切り込みを入れます。へたをくり抜きフォークを刺したら、沸騰したお湯に回しながら入れます。

②切れ目を入れた部分の皮がむけ始めたら、お湯から出し冷水で冷やします。冷水から出した後、めくれた部分をつまむと簡単に皮がむけます。

③トマトの種は、トマトを半分にカットしスプーンなどで取り除きましょう。そのあと細かく刻んだり、茶漉しで裏ごしします。(大きくなるにつれて、裏ごしの割合を変えていきましょう)


④お鍋で少し煮詰めます。(レンジでもOK)

これで下ごしらえは完了です!
お粥に混ぜてそのまま食べたり、他の具材と煮込んだり、様々なアレンジが出来ます。

ピューレを作ってから冷凍しておくのがオススメ!

46 件