祖父母手帳を活用しよう!子育ての仕方はこんなに変わった!昔と今の子育ての違いとは?

「祖父母手帳」というのをご存知でしょうか。これはおじいちゃん・おばあちゃん向けの子育て用の冊子で、昔と今の育児の違いや、ママやパパ・孫への向き合い方について分かりやすく書かれているのです。今の子育ては、昔と真逆の教えも多く、「知らなかった」では済まされない危険なこともあったりします。せっかく良かれと思って、子育てをサポートしてくれようとしても、これでは逆効果。そんな時こそ活用して欲しい「祖父母手帳」。おじいちゃんおばあちゃんにそっと渡してみてください。ママでは指摘しにくかった子育ての違いを、嫌観なく受け入れてくれるはずですよ。入手方法も簡単ですので、是非、活用して下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/05/30 公開 | 829 view

祖父母手帳を活用しよう!子育ての仕方はこんなに変わった!昔と今の子育ての違いとは?

祖父母手帳とは?

Free photo: Hands, Walking Stick, Elderly - Free Image on Pixabay - 981400 (69345)

祖父母手帳は、全国で発行されていて、自治体が発行している冊子や日本助産師会が発行しているものなど様々です。各自治体が発行しているものは、基本的には無料で配布しており、パソコンからダウンロードすることも可能です。

高齢化社会となった日本では、家庭だけでなく、地域でも「孫育て」に祖父母世代の力を活かして欲しいと大きな期待が寄せられています。しかし、子育ての常識は、この数十年で大きく変化しました。それにより、親世代と祖父母世代の意見のすれ違いが多く見られ、せっかくの祖父母世代からのサポートもマイナスに働いてしまうことがあるようです。この世代間ギャップを埋めるべく、誕生したのが「祖父母手帳」。

昔と今の子育ての違いや、パパママ世代との上手な関わり方なども紹介されています。とても分かりやすく、読みやすいので、嫌味なく受け入れてもらえると評判なんですよ。核家族となった日本の家庭では、近くに住むおじいちゃんおばあちゃんの存在は、大きな助けとなるはずです。是非、祖父母手帳を活用し、祖父母世代とも良好な関係を築きながら子育てを楽しみたいですね。

祖父母手帳の入手方法は?

Free photo: Hand, Hold, Care, Help, Elderly - Free Image on Pixabay - 1549132 (69305)

祖父母手帳を配布している自治体は、さいたま市、横浜市、岐阜県、熊本県や石川県などです。市役所の子育て支援課などに行けば貰えます。「お住いの地域で配布していない!」という場合は、各市区町村のホームページからもダウンロードが可能です。

他にも、本屋さんへ行くと、同様の書籍が発売されていますので、気になる方は見てみると良いでしょう。祖父母手帳と言いつつも、ママパパ世代にも勉強になる内容なので、おすすめです。

◆さいたま市 「笑顔をつなぐ孫育て さいたま市祖父母手帳」

さいたま市の祖父母手帳と言えば、一時期ニュースで度々取り上げられ、「祖父母手帳」の存在を一躍有名にした自治体といっても良いでしょう。

昔と今の子育ての違いを、分かりやすく解説してくれるだけでなく、祖父母、パパ・ママの嬉しかったことや気遣いが欲しかったことなど、実際の「声」も参考になります。抱っこ、ミルクの作り方、オムツのやり方など具体的な方法も掲載していますので、非常に勉強になる1冊です。

◆横浜市「地域と家族の孫まご応援ブック」

祖父母と子育て世代がつながるメリットや孫育てのヒントを凝縮した1冊となっているのが、横浜市の祖父母手帳「地域と家族の孫まご応援ブック」です。 地域と家族にとって、良きじぃじ、ばぁばになって欲しいという、祖父母世代への想いが込められています。 孫育てに関わっている方や、これからお孫さんを迎える方だけでなく、地域の子育て支援に関心のある方にも是非読んで欲しいと思います。

◆熊本県「子育てサポート 孫育て手帳」

祖父母世代が、育児に関わりやすくなるきっかけとなるように作成された熊本県の祖父母手帳「子育てサポート・孫育て手帳」は、妊娠〜思春期の育児がずらりと載っていて、孫の対象年齢が最も広い冊子でもあります。
Q&A形式で孫とのかかわりを解説してくれ、専門家のコラムや3人の孫を持つおばあちゃんの4コマ漫画も掲載。分かりやすく読みやすいのが特徴ですね。
66 件

関連する記事