母乳育児を楽しむコツを知っておこう!母乳のあるあるQ&A

ほとんどの女性が出産したら母乳で赤ちゃんを育てたいと考えていると思います。 母乳が赤ちゃんにとってとても素晴らしい栄養があることは確かなものです。 しかし、母乳が出ない、痛いなどいろいろな悩みがあります。 母乳で育てなければとプレッシャーやストレスを感じているママも多いはず。 そんなママたちの不安な悩みを解決します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/17 公開 | 257 view

母乳育児を楽しむコツを知っておこう!母乳のあるあるQ&A

母乳の出るしくみ

 (36770)

意外と知られていませんが、出産後すぐに自動的に母乳が出るしくみにはなっていません。
妊娠中から母乳を作る準備が始まっていますが、産後に赤ちゃんに乳首を吸ってもらうことで母乳を作るホルモンのプロラクチンと乳首まで運ぶホルモンオキシトシンが脳から出るしくみになっています。
なので、産後すぐに母乳が十分に出なくても悩んだり不安になったりする心配はありません。
母乳を作るホルモンを出すには、赤ちゃんに頻繁に吸ってもらうのが1番です。
最初は、大変ですが授乳間隔は気にせずに欲しがっているサインを見つけたら授乳するようにしましょう。
乳首を乳輪まで深くくわえさせることもポイントで次第に赤ちゃんも上手に飲めるようになってきて、ママの体は必要な分だけ母乳を作るようになります。
生まれた赤ちゃんは、個性豊かで産まれてきてすぐに大きく口をあけておっぱいをくわえる子もいれば、少し時間がかかる子もいます。
ちょくちょく起きてはミルクを欲しがる子や寝てなかなか起きない子もいますので赤ちゃんの個性を見つけながら子育てを楽しみましょう。
赤ちゃんの授乳は、親子のコミュニケーションの最初の一歩です。
不安にならず焦らずに母乳育児を楽しみましょう!!

母乳を出やすくするには?

 (36775)

母乳は、血液から作られるので、血行を良くすることが大切です。
産後は、体がかたくなりがちで上半身のストレッチや肩甲骨をまわす運動をしたりしましょう。
産後は、すぐにお風呂で湯船に入れないですが、入れない間は洗面器にお湯を張ってひじをつけるひじ湯や足湯で体を温めることが大切です。
食事も脂っこいものを食べると母乳がつまると聞いて食べたいのを我慢するママもいます。
毎日インスタント食品や外食、ファーストフードなんて食事は絶対に避けてほしいですが、実は特定の食べ物で母乳が詰まるという根拠はありません。
授乳中のママの体は妊娠中よりももっと多くのカロリーを必要としています。
我慢しすぎずに食事はバランス良くしっかりと食べましょう!!

母乳育児だけが正しいの?ミルクはどうなの?

 (37241)

産後すぐの母乳(初乳)には、赤ちゃんを病気から守るための免疫物質が含まれていることは、よく知られていることです。
その他にも脂肪が小さいので消化が良い、腸内細菌がつきやすいので赤ちゃんがアレルギーになりにくいとも言われています。
ママも乳首を吸われることでホルモンが出て、子宮の回復が促されます。
授乳することで赤ちゃんを愛おしいと感じてくるものです。
しかし、知っておいてほしいのは、こうした母乳の良さは、母乳だけで育てるいわゆる完全母乳でなくてもあります。
母乳の良さを知るとミルクがその逆になると思ってしまうこともありますが、それは間違いです。
母乳には免疫が含まれていて赤ちゃんが丈夫になる、ミルクで育てると弱い子になるというわけでは、決してありません。
ミルクでも赤ちゃんの成長、ママとの関係になんの問題もありません。
母乳の出が悪く悩んでいるママも不安にならずにもしものときにはミルクがあるから大丈夫です。

おっぱいトラブルの原因は、授乳の姿勢にあり!

 (37248)

母乳がつまったり、乳首が切れたりといったトラブルは、本当に痛くてつらいものです。
おっぱいトラブルの原因は、授乳の姿勢にあることを知っていますか?
おっぱいを飲んでほしいあまりに背中を丸めて赤ちゃんの上におおいかぶさるような姿勢になっていませんか?
これが実は赤ちゃんが乳首の先だけをくわえる浅吸いの原因になっています。
おっぱいのトラブルの原因だけでなく、母乳を作るための刺激もちゃんとママの脳へ伝わっていません。
産後のママの悩みの肩こりや腰痛の原因にもなります。
乳首は、乳輪まで深くくわえさせるのがスムーズな母乳育児のための重要なポイントです。
赤ちゃんがおっぱいを深くくわえやすい姿勢は、ママが胸をそらした姿勢です。
赤ちゃんの方がママのおっぱいにおおいかぶさるようにした方が、赤ちゃんが生まれながら持っている生きる力、「吸てつ反射」も起こりやすいのです。
椅子の背にもたれてクッションで赤ちゃんを支えるとママも楽に授乳できます。
授乳クッションを使うのもおすすめです!!
 (37267)

つらい授乳の乗り切り方は?

 (36778)

35 件

この記事を書いたキュレーター

関連する記事