不妊とストレスは関係してる?ストレス発散で妊活をスムーズに進めよう!

毎日を過ごしていてストレスが溜まっていませんか?妊活も一緒に行っているとどうしてもストレスは溜まってしまうものです。今回はそんなストレスと不妊の関係について調べてみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/10 公開 | 110 view

不妊とストレスは関係してる?ストレス発散で妊活をスムーズに進めよう!

心の状態は大丈夫?

心の状態は大丈夫?

心の状態は大丈夫?

心の状態が悪い時には様々なストレスに襲われる事になります。
◆夜に眠れない
◆浅い眠り、中途覚醒、早朝覚醒がある
◆拒食や過食がある
◆冷え症で悩んでいる
◆肩こりや頭痛がひどい
◆不安になったり、呼吸が苦しくなったりする
という症状がある場合には心の状態が良くないと考えられます。
なんらかの原因によって体が信号を出している状態とされます。自分の体を守るために様々な症状が出て悩まされる事になるのです。このストレスなどの症状によって不妊が非違起こされるケースがあります。

不妊とストレスは関係している?

不妊とストレスの関係は?

不妊とストレスの関係は?

人は嫌な事があると様々な葛藤をします。その葛藤によって引き起こされるのがストレスと考えられています。

このストレスは不妊と関係しているのかと気になる所ですが、今では多くの病院やカウンセラーの人達が不妊とストレスの関係性について注目しているそうです。精神的ストレスが不妊に関与していることが間違いないのが明らかになりつつあります。

ストレスは女性ホルモンの分泌をつかさどる部分である視床下部と下垂体の導線に影響を与えてしまします。人間の体が生命維持のために優先してしまうのが生殖機能よりもストレスなのです。

この、脳の機能によって生殖機能が低下してしまうので注意が必要です。優先度の低い日常的な活動が犠牲にされてしまう結果となります。人の体は生命維持の問題を重要と考えて生殖機能の低下や停止を引き起こしてしまう機能があるというのを覚えておきましょう。

女性ホルモンの分泌が妨げられるという事は、生殖機能や卵巣機能の働きが鈍くなったりストップする事があります。この結果、排卵障害や無排卵が引き起こされてしまうのです。不妊に直接つながってしまうリスクとなるのがストレスという事です。

女性の社会進出とストレス性不妊の関係

女性の社会進出がストレスと不妊に拍車をかける?

女性の社会進出がストレスと不妊に拍車をかける?

女性は結婚したら仕事を辞めて専業主婦になるという動きは昔には良くあった事です。
しかし、今では女性も仕事を続けて共働きをする家庭が増えてきています。社会で働く女性はハードワークや仕事のプレッシャーなどによって大きな精神的ストレスを受けてしまう事になります。
仕事だけではなく、専業主婦でも状況によってはストレスを受けてしまいます。しかし、一般的には仕事に出ている女性の方がストレスが大きいと言われており、このストレスが不妊の原因となるケースが多々あります。

男性よりも女性の方がストレス性の不妊になる確率が高いとされているので、女性の社会進出は大きな不妊の原因として考えられています。ストレスフリーな仕事場所なら問題ないですが、今の自分の仕事にストレスが溜まっていないか少し考えてみるのも良いかもしれませんね。

不妊治療中に引き起こされるストレス

不妊治療でストレスが溜まる・・・

不妊治療でストレスが溜まる・・・

不妊治療などをしている人の場合やそうでない人の場合にはどのようなストレスを抱えるのでしょうか。
例えば・・・
◆病院で感じるストレス
◆排卵を逃す
◆排卵日に旦那さんの体調不良
◆精子を用意できない
◆何度やるべきか悩む
◆お金の問題
◆採卵がうまくいかない
◆生理が来たのに黄体ホルモンの補充をしてしまう
◆周りの声
◆日常の我慢
など簡単にあげるだけでもこれだけの原因が隠れていることになります。
普段の生活を見直してみるだけでもストレスの原因を取り除く事が出来るケースがあります。不妊治療のために毎月切り詰めてストレスが溜まってとなってくると普段の生活が苦痛になります。
ストレスを発散出来るように自分なりの方法を見つけておく必要があるのです。

ストレスは不妊に繋がり卵子の老化も引き起こしてしまう

卵子の老化を引き起こすと不妊に繋がってしまう・・・

卵子の老化を引き起こすと不妊に繋がってしまう・・・

ストレスはホルモンバランスを乱す以外にも卵子を老化してしまうという悪影響を与えてしまうのがストレスです。
ストレスによって活性酸素が生成されます。この活性酸素は身体のあらゆる細胞を攻撃して老化を進行してしまうのです。この中には卵子も含まれており、卵子の老化を引き起こしてしまうと受精率や着床率が低下してしまいます。ストレスによる老化は不妊に繋がってしまう事が分かります。

卵子の老化は基本的に年齢と共に引き起こされます。若い内は卵子の老化はそこまで問題ないとされていますが、30代前半から30代後半になってくると卵子の老化が大きく不妊に響いてきてしまいます。

女性の年齢が上昇するにしたがって妊娠確率が低下してしまうのが卵子の老化となっています。ストレスを受け続けていれば年齢以上に卵子が老化してしまうので注意が必要です。
30 件