枯れない花『ハーバリウム』をDIYしてインテリアを楽しもう♡簡単な材料や作り方のコツをご紹介

枯れない花のインテリア「ハーバリウム」をご存知ですか?別名植物標本とも呼ばれ、その美しい見た目からSNSなどでも大変人気があります。最近では自分でハーバリウムをDIYしてネットで販売している方もいらっしゃいます。可愛い子瓶に入っており、一見作り方が難しそうに思えますが、実は自宅にある簡単な材料で誰でも簡単にDIYすることが出来るんです。面倒な水やりが不要で1年通して花やグリーンを楽しめるハーバリウムは、インテリアにするだけで癒しの効果も抜群!!今回はハーバリウムの簡単な作り方をご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/03/23 公開 | 484 view

枯れない花『ハーバリウム』をDIYしてインテリアを楽しもう♡簡単な材料や作り方のコツをご紹介

ハーバリウムDIYに必要な材料は?100均でも簡単に揃う!?

 (113592)

ハーバリウムをDIYするために、必要な材料からご紹介していきます。

材料もとってもシンプル。
・蓋付の空き瓶

・中に入れたいドライフラワー

・保存用のオイル

この3種類のみです。

空き瓶はきちんと蓋が閉まれば問題ありませんので、100均のインテリアコーナに置いてある小瓶や、電球型の可愛い入れ物でもOK。

中に入れる花の種類やカラー、大きさはもちろん、小瓶の形や大きさも工夫するだけで自分だけのオリジナルのハーバリウムが楽しめます。

また、花を小瓶に入れる際に長めのピンセットがあると便利かもしれません。

ハーバリウムの空き瓶はスリムボトルにするのがポイント♪

 (113594)

ハーバリウムをDIYする際のポイントは、使う空き瓶をスリムボトルにするということです。

丸型や横幅が広めのハーバリウムもよく見かけますが、幅が広い分たくさんの花を詰める必要があり、テクニックが必要となります。

また、花材が浮いてきやすく、バランスよく配置することも難しいため初めてハーバリウムに挑戦する方は,
スリムボトルにすることをおすすめします。

ハーバリウムの花材はトライフラワーなどの水分が抜けたものを!!

 (113595)

次にハーバリウムに入れる花の種類についてのポイントをご紹介します。

基本的にはドライフラワーなどの水分が抜けた花材を使用します。

ドライフラワーよりも色が鮮やかなブリザードフラワーと一緒にミックスして使用すると、より美しい仕上がりになりますよ。

着色されたドライフラワーを使用すると、塗料の種類のよってはオイルとの相性が悪く、変色してしまうこともあるので注意しましょう。
また、乾燥させた木の実やトライフルーツなどもお洒落で人気ですが、使用する前にはきちんと汚れを落としておくことがポイントです。

仕上がりを綺麗に見せるためには、鮮やかなカラーの花材を選ぶようにしましょう。

造花でも良いけれど…

 (113596)


100均などでも手軽に手に入る造花を使用するのも手軽で、コスパ的にも良いと思います。

しかし、花の自然な色合いという点で比べてしまうと、やはり劣る部分があります。

ミックスして使用したり、ドライフラワーより簡単に作りたいという方は造花でチャレンジしてみてくださいね。

ハーバリウムはオイル選びが一番重要!!

53 件