学童保育も待機児童問題が深刻化?働くママなら知っておきたい現状と対策とは?

共働き家庭が増えた昨今、学童保育に入れない・待機児童問題が深刻化しているのをご存知ですか?もしあなたのお子さんが学童保育に入れなかったらどうしますか?今回は、働くママに是非知っておいて欲しい学童保育の現状と、入れなかった時の対処法についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/01/28 公開 | 651 view

学童保育も待機児童問題が深刻化?働くママなら知っておきたい現状と対策とは?

学童保育とは?

Free photo: Child, Book, Boy, Studying - Free Image on Pixabay - 315045 (105531)

学童保育とは、共働き世帯の子供を、放課後や夏休みなどの長期休暇中に預かる施設のことです。子供は遊んだり、宿題をしたり、おやつを食べるなどして過ごします。
2015年3月までは、10歳未満までしか預けることが出来ませんでしたが、2015年4月以降からは、一部改正され、学童保育の対象が「小学生」へと拡大されました。

学童保育には、自治体が運営するもののほか、保護者が設立し運営する「共同保育」、民間企業やNPO団体などが運営する「民間学童保育」があります。預かる対象が「小学生」に拡大されても、基本的には低学年から優先に受け入れるため、結果的に高学年が入りきらないというのが現実です。

学童保育で預かってくれる時間は?

Free photo: The Eleventh Hour, Time To Rethink - Free Image on Pixabay - 3101625 (105532)

共働き世帯にとって、学童保育に預けられる時間は重要なポイントですよね。学童保育の利用時間については、施設によって様々で、自治体が運営する公的な施設の場合は、学校終了時~18時までのところが多く、意外にも保育園よりも預かってくれる時間が短いのが特徴です。
民間の施設によっては、20~21時まで預かってくれる場所もあるようですが、料金が高いというデメリットもあります。

また、長期休暇中の預かりについてですが、9時~17時または18時という施設が多く、働くママが家を出る時間に子供を預けられないで困っているという話もよく耳にします。保育園のイメージが強いママにとっては、ちょっと不便さを感じるかもしれませんね。

学童保育の利用料金は?

Free photo: Money, Currency, Finance, Save - Free Image on Pixabay - 3090724 (105533)

学童保育の利用料についてですが、施設によっても多少異なります。自治体が運営している学童保育の場合は、月々約4.000円~6.000円程度。それに対し、民間企業やNPO団体、地域の父母会などが運営している施設の場合は、月々8.000円~10.000円にもなるケースがあるそうです。

公的な施設に入れなかった場合は、やむなく民間の学童保育に入れなければなりませんから、子供の学費や習い事以外にも、学童保育費のことを念頭に置いておいたほうがよさそうですね。ちなみに、生活保護を受けている家庭やひとり親の家庭の場合は、利用料を減免している施設もあります。

学童保育に入れない!待機児童問題が深刻化

Free illustration: Growth, Progress, Graph, Diagram - Free Image on Pixabay - 3078543 (105535)

保育園の待機児童問題は、よくニュースで取り上げられていますが、実は学童保育も待機児童問題が深刻化しているんです。その数は、2016年5月の段階で小1~小3で約9.900人、小4~小6で約7.200人と言われており、年々増加傾向にあります。

その要因として考えられているのは、共働き世帯の増加。2014年に比べると、2016年は約50万世帯も増えていますので、学童保育の受け入れが圧倒的に追い付いていないのが現状です。幼児期にやっとの思いで保育園に入れたと思ったら、今度は小学校に上がっても学童保育になかなか入れないということで、働きたくても働けないママが増えているんです。

学童保育の待機児童数 都道府県別ワースト3

Free illustration: Japan, Tokyo, Fuji, Map, Relief Map - Free Image on Pixabay - 1804903 (105536)

厚生労働省が、2017年5月に実施した調査によると、全国で約17.000人。都道府県別に待機児童数を見てみると、以下のようなランキングとなりました。

ワースト1位:東京都 3.600人
ワースト2位:埼玉県 1.691人
ワースト3位:千葉県 1.177人

やはり首都圏では、働くママが多く人口も多いため、学童保育の待機児童数ワースト3を占める形となっています。東京都内近郊などでは、学童保育の施設を作りたくてもなかなか作れる場所がないというのも要因の1つかもしれませんね。
47 件