【7つの症状別】疲れたからだを整える食事のポイントとレシピ。心身の健康のキホンを作る食生活

毎日すっきり起きられない、夕方になるとぐったり…など、毎日からだの疲れが取れないと感じることはありませんか?年齢のせいと諦めている人もいるかもしれませんが、実は普段の生活習慣、特に食習慣がからだの疲れを引き起こしている可能性があります。食事はからだを整える重要な要素。良い食事サイクルにすることで、からだだけでなく心の疲れなど、さまざまな疲れを解消できるかもしれません。今回は7つの疲れ症状に対し、毎日のからだを整えるための食事のポイントやレシピを紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/09/14 公開 | 105 view

【7つの症状別】疲れたからだを整える食事のポイントとレシピ。心身の健康のキホンを作る食生活

毎日の食事はからだを整える基本

 (185281)

・朝すっきり起きられない
・夜ぐっすり眠れない
・日中眠くなる
・常にだるい
・集中力がない
・肌が荒れる
・毎日気分が優れない


など、普段の生活でこのような悩みはありませんか?

これらの症状は、からだが疲れているときに出やすい症状で、不調のサイン。

起きられない、眠れない、だるいなどの身体的な疲れもですが、なんとなく気分が優れない、毎日つらく感じるなどの精神的な疲れもありますが、このどちらの疲れにも”食事”が大きく影響しているんです

もちろん年齢や環境など、疲れにはさまざまな要因はあります。しかし、からだを整えるのには食事はとても大事な要素なのです。

こんな食事をしていませんか?NGな食習慣チェック

 (185446)

まず、普段の自分の食生活についてチェックしてみましょう。次の6つのチェック項目に1つでも当てはまる方は、要注意。

普段の食習慣が、疲れやすいからだを作っているかもしれませんよ!

✔チェック①甘いものをよく食べる
 (185283)

甘いものを食べると疲れが取れるという方もいるかもしれませんね。エネルギー源として糖質は必要ですが、必要以上の糖質はNG!

血糖値が上がり、疲労感や倦怠感を招いてしまいます。特に清涼飲料水や砂糖入りの缶コーヒーなどは、お砂糖が思った以上に多めなので、たくさん飲む方は要注意です!
✔︎チェック②食べ過ぎ
しっかり食べることは大切ですが、食べ過ぎるのは胃腸や肝臓に負担をかけ、疲れの蓄積を招いてしまいます。昔から「腹八分目」という言葉があるように、適度に食べるのが一番です。

✔︎チェック③油のとりすぎ
 (185282)

揚げ物やこってり系の肉料理などが好きな方もいますが、実はこの油分の多い食事も疲れを蓄積する一因になっているかもしれません。

油分はからだの血流を悪くするので、疲労の回復に時間がかかってしまうのです。
✔︎チェック④アルコールの飲み過ぎ
 (185410)

疲れたら、ついアルコールが飲みたくなる!という方もいるかもしれませんが、アルコールも飲みすぎには要注意。

アルコールを体内で分解する時には、アミノ酸をたくさん消費しますが、このアミノ酸は疲労回復に欠かせない栄養素。アルコール分解に大量に消費してしまっては、疲労の回復が後回しになってしまうのです。
✔︎チェック⑤遅い時間の食事
遅い時間に食べて、食べたものを消化しきる前に寝てしまう。そんな生活では胃腸が夜中も働き続けることになり、翌朝の消化機能が鈍ります。

機能回復には時間がかかるので、食べたとしてもなかなか栄養がからだに行き渡らず、慢性的な疲労へと繋がることも。

✔︎チェック⑥タンパク質を避けている
 (185285)

ダイエットのために、タンパク質(特に肉類)などを避けているという方はいませんか?

サラダだけ…などというタンパク質が不足した食事をしていると、からだのリカバリ、特に筋肉の回復がなかなかできません。

結果、疲れがなかなか取れずに、逆に溜まってしまい、からだのだるさにつながります。

疲れにくい体質へと導く食事サイクルとは?

 (185424)

58 件