産後の抜け毛が酷い!治まらない抜け毛の対処法とシャンプーの選び方を解説!

産後の抜け毛に悩んではいませんか?産後は慣れない育児ストレスに加えてホルモンバランスが一気に乱れていきます。抜け毛対策は食事やシャンプーですることができるので産後のひどい抜け毛に悩んでいるなら是非試してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/04/17 公開 | 53 view

産後の抜け毛が酷い!治まらない抜け毛の対処法とシャンプーの選び方を解説!

産後の抜け毛はいつから起こる?

Free photo: Girl, Face, Wind, Hair, Woman - Free Image on Pixabay - 333858 (58941)

赤ちゃんとの生活も慣れてきた頃に、いつも通りお風呂に入ってシャンプーをしていたらごっそりと髪が抜けた…という状況に陥ってしまうママはとても多く、産後の育児ストレスに加えて抜け毛トラブが続くと精神的にも肉体的にもつらいですよね。調べてみると一時的なもの…との記載が多いですが、実際にごっそりと髪が抜け続けるのを目の当たりにすると頭が禿げていくようで気が気じゃないですよね。

産後に髪がごっそり抜け始めるのは個人差があるものの産後すぐから抜け始めて長くとも1年以内に治まります。髪の毛はある一定のサイクルを繰り返しますが、産後は髪が抜ける退行期髪の毛が新しく生え変わるまでの休み期間(休止期)に入るため髪が抜けていくのです。ヘアサイクルは大きく3つに分かれていて、髪の毛が生える成長期・髪の毛が抜ける退行期・髪の毛が生えるまでの休み期間である休止期です。

ホルモンバランスやストレスなどで抜ける時期や元の髪の量に戻る時期は前後しますが、早い人は産後6か月頃には治まるようです。産後の抜け毛は終わりのないものではないので、抜け毛がひどい時期は髪型を変えて過ごすなどして乗り切るようにしましょう。

どうして産後は抜け毛がひどくなるの?

Free photo: Woman, Young Woman, Excursion - Free Image on Pixabay - 2000972 (58942)

産後に髪が抜ける原因はヘアサイクルだけではありません。育児によるストレスや睡眠不足、栄養不足、ホルモンバランスの変化なども抜け毛の原因です。産後は慣れない育児に追われて睡眠不足になりやすいですし、赤ちゃんのお世話で自分の食事が疎かになってしまいます。

また産後の抜け毛の一番の原因は出産前と産後では女性ホルモンの量が変わってしまうことです。出産前は女性ホルモンの一種であるエストロゲンやプロゲステロンが多く分泌されていますが、産後はこれらのホルモンの分泌が減っていきます。出産前・妊娠中に毛が濃くなった、増えたと感じる妊婦さんが多いのはこのためです。これらの女性ホルモンは髪を抜けにくくしてくれるのですが、産後は急激に女性ホルモン不足に陥るため髪が抜けやすくなってしまうのです。

抜け毛の主な原因は女性ホルモンですが、それ以外にもストレスなどは抜け毛をひどくしてしまうので、適度にストレスを発散したり十分な睡眠、栄養バランスの整った食事を摂る必要があります。

産後の抜け毛は放っておいても平気?

Free photo: Baby, Infant, Child, Kid, Little - Free Image on Pixabay - 933559 (58943)

産後の抜け毛は一時的・生理的なものなので放っておいても大丈夫です。しかし抜ける量が多いので、気にしないようにしてもストレスを溜めてしまう人が多いでしょう。もし抜け毛が気になるのであれば、規則正しい生活を送るように気をつけたり、使っているシャンプーを替えてみるなどをして抜け毛対策をするようにしましょう。

赤ちゃんのお世話をしながらストレス対策や規則正しい生活を送るのは難しいという場合には食生活で対策を摂ることもおすすめです。髪に良いとされる栄養素を多く取り入れてバランスの良い食事で抜け毛対策をしましょう。

産後のシャンプーを選ぶ際のポイントは?

Free photo: Adult, Bath, Beautiful, Close-Up - Free Image on Pixabay - 1867380 (58944)

産後はホルモンバランスが大きく乱れてしまうので、抜け毛対策としてシャンプーを替えるのも良いでしょう。ですが、シャンプーを替えるといっても他に売られているシャンプーに替えれば良いだけではありません。以下のポイントに気をつけてシャンプーを選ぶようにしましょう。

化学成分よりも天然成分由来のシャンプーを

産後は抜け毛によって頭皮が弱くなっています。頭皮が敏感肌になっているので、化学成分の多いシャンプーよりも天然成分由来のオーガニックシャンプーを選ぶようにしましょう。しかしオーガニックシャンプーでも石油由来の成分である「ラウリル硫酸Na」が含まれているものは避けるようにしましょう。ダメージがひどい髪には「パンテノール」という成分が含まれているさyんぷーがおすすめです。

自分の好みに合った香りのシャンプー

39 件