不妊の時には食べ物をしっかりと選んで妊娠できる体の準備をしてあげよう

不妊に悩んだときに考える原因は病気だけではありません。食生活を見直すだけでも大きな改善が出来るケースがあるのです。今回は不妊に良い食べ物を集めたので参考にして見直してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/14 公開 | 124 view

不妊の時には食べ物をしっかりと選んで妊娠できる体の準備をしてあげよう

不妊で不安になったら食事を見直そう!

不妊と感じたら食生活を見直してみよう

不妊と感じたら食生活を見直してみよう

妊娠を望んでいても中々妊娠出来ない事がありますよね。
不妊症というものは身近な問題になっており、妊娠するためには不妊治療が必要不可欠となっています。しかし、妊娠出来ないからと言っても不妊症とは限りません。妊娠しやすい身体をつくっていく必要があるのです。

不妊症で悩んだらまず簡単に出来る食事から見直していく必要があります。バランスのとれた食事を摂取することで妊娠に大きく近づく事が出来るからです。
毎日の食生活の改善の積み重ねと、妊娠を妨げる冷え・疲労・貧血・ストレスなどの因子を緩和していくことが、妊娠力をアップさせる一番の近道です。
このように食生活は重要なポイントになります。

不妊症になりやすい食べ物とは

不妊症になりやすい食べ物がある

不妊症になりやすい食べ物がある

不妊症になりやすい食べ物は一体何があるのでしょうか。
女性は特に体を冷やす食べ物が不妊に繋がるとして知られています。冷えは女性にとって非常に問題が引き起こされあすく、不妊や生理障害なども入っているとされています。冷たいものを食べないというだけではなく、体を冷やしてしまう食事を選ばないようにする工夫が必要です。

体を冷やす食べ物としては、白砂糖を多く使ったお菓子類、ケーキ、チョコ類、添加物が多い加工品などがあげられます。これらは駄目ではなく、あくまで食べ過ぎないようにするという必要があります。
油っぽいものや動物性油なども摂取しすぎてしまうと血液に悪影響が出てきてしまう事があります。不妊に繋がってしまう可能性があるので注意が必要です。

妊娠しやすい食べ物は赤い食材を選べ?

妊娠しやすい食べ物は赤い食材を選ぼう

妊娠しやすい食べ物は赤い食材を選ぼう

妊娠しやすい食べ物を選ぶときに注目しておきたいのが血液をつくる、生理周期を整える、血流をよくするというものを意識してみましょう。

赤い食材では血液を増やし血行を促進するものが多くあります。古い血液を循環させる事で婦人系の疾患の予防をする事が出来ます。
◆サバ
◆カツオ
◆赤身の魚
◆ラム
◆羊肉
◆牛肉
◆トマト
◆人参
◆パプリカ
◆クコの実
◆なつめ
これらの食材が赤い食材の中でも優秀です。これらの食材を意識しながら摂取していくのが好ましいとされています。

不妊に良いのはビタミンA!ビタミンE!

不妊に良いのはビタミンAとビタミンE

不妊に良いのはビタミンAとビタミンE

正常な細胞に成長するためにはビタミンAが必要不可欠です。
ビタミンAは子宮粘膜上皮の成長に関わっているので、不足してしまうと機能が低下してしまい不妊に繋がってしまう事があります。天然のビタミンAの場合は過剰摂取でも問題ありませんが、合成のビタミンAの過剰摂取には注意が必要です。

ビタミンAが含まれる食材はどのようなものがあるか見てみましょう!
肉類 鶏  豚  牛の肝臓  フォアグラ
魚介類 あんこう  うなぎ  ホタルイカ  からすみ
その他 バター  卵
これらの食材に多く含まれているのでバランス良く食生活に摂りいれてみましょう!
ビタミンEを多く摂取する事によって妊娠したい時には排卵促進、卵巣の重量増加、生理不順の改善をする事が出来ます。妊娠しやすい身体づくりには必要な栄養素となっているのです。
40 件

関連する記事