ルートートのマザーズバッグの魅力を大解剖!機能性と可愛さを兼ね備えたおすすめ商品5選

マザーズバッグといえばどのブランドを思い浮かべますでしょうか。インターネットで検索したら【ルートート(マミールー)】が出てくるので気になっている方も多いかもしれません。ルートート(マミールー)のマザーズバッグの魅力とあわせて、おすすめの商品もご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/04/29 公開 | 744 view

ルートートのマザーズバッグの魅力を大解剖!機能性と可愛さを兼ね備えたおすすめ商品5選

ルートート(マミールー)マザーズバッグの定番

 (63453)

トートバッグといえばどんなブランドを想像するでしょうか。ママになると荷物も増えるしポケットもたくさんほしくて、ちょっといい感じのものを見つけてみてみるとカンガルーのシルエットの【R】のマークがついていたということもよくあります。そんな【R】のマークのブランドといえばルートートですよね。

ROOTOTE(ルートート)は、トートバッグの専門のブランドとして知られ、2001年に始まったそうです。ROOTOTEの由来はカンガルーの「ルー」なのだとか。カンガルーのおなかのポケットのような収納ポケットが再度に必ずついているのだそうです。多機能で大容量は魅力的ですよね。

ルートートのトートバッグはその収納力や多機能なポケットの特徴から、マザーズバッグとして人気があります。
マザーズバッグとしての機能をしっかりもったものも発売されていて、おむつ替えシートやバッグと同じデザインのおむつポーチがついているものも多くあります。
赤ちゃんのいるママは本当に荷物が多くて、ママ自身の荷物と赤ちゃんの荷物とバッグの中でぐちゃぐちゃしてしまいがちですが、ルートートのマザーズバッグはポケットが多くバッグの中の整理がとてもしやすくなっています。

これを書いているわたしも、1つは持っていてはじめてのマザーバッグはルートートでした。続いて、ルートートのおすすめしたいマザーズバッグをご紹介してみます。

ルートート(マミールー)のおすすめなポイント①ポケット

 (63449)

おすすめポイントとして最初にあげたいのが、ポケットの数です。大小9このポケットに分かれていいます。
赤ちゃんとのお出掛けに必要なものって、本当にこまごましていてバッグの中の整理が大変なんですよね。ポケットに仕分けしておけば、物が迷子になることがすくないかもしれません。

また、外側サイドにあるルーポケットは消臭機能がついていて、使用済みのおむつをビニールに入れて収納しておけるので便利です。

ただ、バッグの中には仕切りがないので、ぐちゃっとなりやすいので、ポーチやジッパー付きの袋などに入れて、入れておくと尚いいです。
仕切りがない分、大きいもの(おくるみやひざ掛けなど)もすっぽり入るのでその点はいいのかもしれません。

ルートート(マミールー)のおすすめなポイント②2WAY

 (63464)

トートバッグといえば肩かけという印象ですが、ルートートのマザーバッグはショルダーストラップが付属されているので、ショルダーにもできて2WAY仕様です。
ちょっと両手があくといいなというタイミングでは、ショルダーにして斜め掛けにしておけば手はあきますし重い荷物も楽になるかもしれません。

また、付属のポーチにもショルダーストラップを付けることができるものもあって、ポーチもショルダーにできるので便利です。

ルートート(マミールー)のおすすめなポイント④便利なおまけ

 (63466)

ルートート(マミールー)のマザーズバッグにはしっかりしたポーチとおむつ替えシートがついてきます。
先ほども書いた通り、ポーチには付属のショルダーストラップがつけられるものもあり、それ単独でもショルダーポーチとして使えます。ポーチのサイズ感は、おむつを5枚+おしりふきを十分に入れられる大きさです。
おむつ替えシートは幅48cmで長さ68cmと十分な大きさで、折りたたんでおけます。洗濯も可能なのでこれも便利です。

ルートートおすすめマザーズバッグ①

 (63479)

こちらは、わたしがはじめてのマザーズバッグとして使っていたものです。わたしが持っているのは、ネイビー/ホワイトです。
大容量で赤ちゃんのものもわたしのものもしっかり入ってお気に入りでした。シンプルで、パパが持っても違和感がないデザインでおすすめです。
また、生地がしっかりしていて丈夫なので多少乱暴に扱っても平気な感じもいいですよ。
生地がしっかりしている分、バッグ自体が重く感じてしまうかもしれません。わたしは大丈夫でしたが、重さが気になる方はいるかもしれませんね。
47 件