【必読】防災セットは必要?不要?リュックの中身は?万が一に備えて用意したいアイテムとは?

日本は、地震大国とも言われるほど地震の多い国。今後30年のうちに、震度6弱以上の地震が、太平洋側で起きる確率が70〜85%と言われています。いつ何が起きてもおかしくない中で、皆さんは、どのような備えをしていますか?そこで今回は、防災セットは必要なのか?防災セットのリュックの中身は何を入れるべきなのか?などについてご紹介します。おすすめの防災リュックも併せてチェックして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/29 公開 | 686 view

【必読】防災セットは必要?不要?リュックの中身は?万が一に備えて用意したいアイテムとは?

防災セットのリュックは本当に必要?

Free photo: Buildings, Disaster, Debris - Free Image on Pixabay - 690696 (76328)

地震大国と言われる日本。震度1以上の揺れも含めると、年間に約800回以上も地震が計測されるほど、日々地震の危機に晒されています。

更に驚くべきなのは、今年春に、政府の地震調査委員会は、今後30年以内に、震度6弱以上の地震が起こる確率は、80%前後であると発表したことです。特に、その危険性があるのは、高知、千葉など太平洋側の地域とされています。

つまり、我々日本人は、いつ何が起きてもおかしくない状況にいると言うことです。東日本大震災以降、震災に関する意識が高まったとは言え、自宅に備蓄をしている人はさほど多くない様です。防災セットのリュックなど、実際に必要なのか疑問に思う方もいますよね。しかし、これら防災グッズは、避難所などで援助が来るまでの間、なんとか生き延びる為に最低限必要なものなのです。

特に子供のいる家庭では、空腹をしのぐことは難しいでしょうから、せめて子供だけでも、守ることが出来るように、日頃から用意をしておくことをおすすめします。

もしもの時に役に立つ!防災リュックの中身は?

Free photo: Hiking, Map, Orientation - Free Image on Pixabay - 1312226 (76329)

防災セットのリュックを準備しようと思っても、どんな物を入れたら良いのか分かりませんよね。そこで、実際に被災したことのある方々の声を元に「本当に必要なもの」「役立ったもの」をまとめましたので、参考にしてみて下さい。

あくまで、緊急時にしのぐ程度の物になりますので、家族の人数によって、備蓄する量は調整して下さい。

1. ミネラルウォーター(500mlのペットボトル)

Free photo: Bottle, Bottle Of Water - Free Image on Pixabay - 956180 (76330)

2Lのペットボトルを持って逃げるのは、さすがに大変ですよね。しかも、あの大きさだと使いにくいので、2Lのペットボトル1本よりも、500mlのペットボトル4本を備蓄した方が良いそうです。

2. ラジオ

Free photo: Ghettoblaster, Radio Recorder - Free Image on Pixabay - 1452077 (76331)

東日本大震災の時も、停電やアンテナ線の不具合で、テレビを見ることが出来なくなった人も多かったですよね。そんな時に役立つのが、ラジオ。電池式の物やくるくる手動で充電して使う物もあります。どちらかお好きなものを防災セットに入れておくと便利です。

被災した時の、周りの情報はとても大切です。普段ラジオに馴染みのない若い世代の方でも、備蓄しておくことをおすすめします。

3. 携帯用充電器

Free photo: Battery, Charging, Communication - Free Image on Pixabay - 2286442 (76332)

避難場所に行けた場合は、充電器があれば電源を確保することが可能になりますが、それまでの間、もし携帯やスマホのバッテリーが切れてしまった時の為に、携帯用充電器は必須です。

家族や親戚との安否確認の際に、携帯やスマホは欠かせませんので、しっかり使える状態にしておきましょう。
121 件