【お悩み解決!】フケや頭皮のかゆみに効くシャンプー5選!気になる原因と対処法は?

しっかりシャンプーしているはずなのに、何故か頭皮がかゆかったり、フケが出る…そんなお悩みを抱えている方は意外と多いようです。自分だけでなく、周囲にも不潔な印象を与えてしまうので、できれば改善したいですよね。そこで今回は、フケやかゆみに効くシャンプーをご紹介しますので、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/12/28 公開 | 306 view

【お悩み解決!】フケや頭皮のかゆみに効くシャンプー5選!気になる原因と対処法は?

フケや頭皮のかゆみに効果的なシャンプーの選び方とは?

Free photo: Nature, Woman, Beauty, Landscape - Free Image on Pixabay - 2859274 (101112)

フケや頭皮のかゆみに効果的なシャンプーは、色々とあるのですが、自分の頭皮の状態に合ったものでなければ、効果を発揮できません。シャンプーを正しく選ぶだけでも、かなりの改善が見られますので、まずは正しいシャンプーの選び方についてご紹介します。

①自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶ

フケや頭皮のかゆみと言っても、その原因は様々。乾燥や頭皮の油が出過ぎてしまっているなど、その原因によって選ぶシャンプーも異なります。よく同じシャンプーでも「しっとりタイプ」「さっぱりタイプ」などと種類が分かれているように、頭皮の状態によって必要な成分が異なるのです。
まずは自分の頭皮の状態をよく見極めてから、ぴったりのシャンプーを選ぶようにしましょう。

②刺激の強いシャンプーを避けて選ぶ

フケやかゆみの原因の1つに、頭皮の炎症が挙げられます。もともと皮膚が弱く、肌荒れを起こしやすい人などは、シャンプーに含まれるアルコール系の成分によってお肌のターンオーバーが妨げられていることがあります。そのため、毛穴に汚れが詰まったり、老廃物が排出されずに残り、頭皮に刺激を与えてしまうのです。

これらの刺激の強い成分を見極めるには、成分表に「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」「オレフィンスルホン酸」などが書かれているかどうかチェックしましょう。これらの成分は、泡立ちを良くし、洗浄力を高めるために使われているのですが、その分刺激も強くなっているのです。
最近は、お肌に優しいオーガニック系のシャンプーも多数販売されていますので、1度試してみるのも良いでしょう。

フケの原因とは?自分はどのタイプ?

Free photo: Question, Question Mark, Survey - Free Image on Pixabay - 2736480 (101113)

そもそもフケというのは、一体何故発生するのでしょうか。実は、私たちの地肌の表面は、毎日肌の新陳代謝「ターンオーバー」を繰り返しています。健康な状態の皮膚であれば、古くなった皮脂細胞が新しいものと入れ替わり、垢となって剥がれ落ちるまでにおよそ28日間かかります。この剥がれ落ちた細胞は、目には見えないほど小さいため、普段が全く気になりません。

しかし、何らかの原因でターンオーバーのリズムが崩れ、成長しきれていない未熟な皮脂細胞がゴッソリと剥がれ落ちてしまうと、フケとなってしまうのです。このように、頭皮が健康でない状態が続くと、フケだけでなく、頭皮のかゆみや抜け毛の原因ともなります。

◆皮脂の過剰分泌による「脂性フケ」

夕方になると頭皮や髪から脂っぽいにおいがしたり、ベタっとした大きめのフケがパラパラしたフケに混じって落ちる事があるという人は、いわゆる「脂性フケ」です。皮脂の過剰分泌が原因である脂性フケは、主に男性に多く見られます。

この脂性フケの原因は、頭皮の常在菌であるマラセチア菌の異常繁殖によって起こる「脂漏性皮膚炎」であることがほとんどなんだそうです。増えすぎてしまったマラセチア菌は、脂肪酸を大量に排泄します。するとその脂肪酸が頭皮のターンオーバーを異常にはやめてしまい、結果、不十分な状態で頭皮の表皮細胞が剥がれ落ち、フケとなってしまいます。

表皮細胞がごっそりはがれると、バリア機能が失われてしまうため、頭皮の炎症が起こりやすくなります。また、常在菌の繁殖は、免疫力の低下や季節的な要因、体質なども関係しています。そのため、慢性的なフケや頭皮のかゆみに悩まされることが多いのも特徴の1つです。

◆パラパラと落ちる「乾性フケ」

乾燥によってパラパラと落ちてくるフケを「乾性フケ」といいます。冬など空気が乾燥する時期に起こりやすくなります。他にもアトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルや薬の副作用でも起きる現象です。さらに、フケや臭いを気にしてシャンプーをし過ぎてしまったり、パーマやカラー剤の刺激によるかぶれ、プールの塩素、高温のお湯でも乾燥の原因になることがあります。

こうした乾燥は、頭皮のバリア機能を低下させ、頭皮の潤いを失い、さらに乾燥が進行してしまいます。まさに負のスパイラルにはまってしまうというわけです。

どんな成分のシャンプーが良いの?

65 件

関連する記事