「女性の保険」知らなきゃ「損」する!保険の仕組みを徹底調査♪

私は主婦だから保険は必要ない、今まで特に病気もしてこなかったし、と考えていませんか?万が一の時のための備えをしておくことで、入院をすることになっても家族を守ることができます。 つい自分のことを後回しにしてしまいがちですが、自分のためにも家族のためにも一度しっかり考えてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/31 公開 | 172 view

「女性の保険」知らなきゃ「損」する!保険の仕組みを徹底調査♪

私は大丈夫!「女性の保険」を軽視する主婦は多い

 (16104)

家計を預かる主婦としては、少しでも無駄なものは省き、生活費や貯蓄に回したいものですよね。

万が一の時のために、夫の保険はしっかりかけていても、どうしても自分の保険となると、後回しに考えてしまいがちです。

自分の身体のことは自分がわかってるから、これまで大した病気もしてこなかったし、わたしは主婦だから必要ない…といった意見があちらこちらで聞かれます。

しかし、それでいいのでしょうか。

女性だからこそ「保険は必要」

 (16103)

保険というのは、万が一の時に備えるために掛けます。

もちろん、その「万が一」が来ない可能性ももちろんあります。
万が一の事態が起こらないに越したことはありません。

しかし万が一の事態が起きてしまったら。

お母さんが入院してしまったら

 (16075)

どういった内容で入院をするかによって、入院費用は異なってきますが、治療費以外でお母さんが入院をすると困ることとして、お母さんがしていた家事をする人がいなくなる、という事があります。

例えば、食事の支度をお母さんがしていた場合、お母さんの代わりに誰かがすることになります。
料理をする人がいなければ、外食やお惣菜に頼ることになります。
そうなると、通常よりも余計に食費がかかることもあります。

または、子どもが小さくて自宅にいる場合は、お父さんが仕事を休んだり、どこかへ預けたりする必要があります。
そうなると、収入が減ったり、保育料がかかったりします。

お母さんが入院をすると、入院費用以外にも思いのほかお金が必要になってくるのです。

そのような事態に直面したときに、保険に入っていれば、入院費用は保険で賄うことができます。
さらに、日額支払い保険料が高ければ、余った分を生活費に補てんすることができます。

お母さんの入院のリスクは意外なところにも影響するのです。

帝王切開

 (16076)

普通分娩の場合は保険金支払いの対象ではありませんが、帝王切開の場合は保険金が支払われます。

しかし、新規に保険に加入する場合、数年以内に帝王切開での出産をされた場合は、再度帝王切開で出産の場合は支払いの対象外となるケースがあるので注意が必要です。

「女性特有の病気」は本当に怖い!

 (16074)

女性特有の病気というと、乳がんや子宮系の病気があります。

特に乳がんは女性のがん罹患者数第一位というデータもあります。
53 件

関連する記事