妊活には運動も大切だった!意外と知らない運動の効果

妊娠力の高い体づくりにはバランスのとれた食事と適切な運動が欠かせません。食生活を改善し、サプリメントで栄養を補給したら、その栄養満点の血液を全身に送り込むと努力の成果が実りやすくなります。妊活中の方は、栄養に気を付けるだけでなく、運動習慣も身に着け、血液の流れが良い体を保つように心がけましょう。不妊治療クリニックの現場で実施されている運動指導をお伝えしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/29 公開 | 476 view

妊活には運動も大切だった!意外と知らない運動の効果

出産年齢の高齢化

Fotolia、写真素材、画像、イラスト素材、動画素材 (12113)

女性の社会進出に伴い晩婚化が進む日本では、女性の第一子出産年齢は上昇し続けています。平成23年には30歳を超え、35歳以上の出産は「高齢出産」になります。

高齢出産になると単に妊娠しづらくなるだけでなく、流産・早産のリスクや子どもが障害を持つリスクも高まってしまいます。まだ、結婚の決まっていないような若い年齢でも、栄養バランスのとれた食事と運動を習慣にすることで体年齢を若く保ち、妊娠に向けて身体の準備をしておくことがとても大切になってきています。

慢性的な運動不足も不妊の原因!?

Fotolia、写真素材、画像、イラスト素材、動画素材 (12288)

生活が日々便利になっていく中で、男女問わず運動不足が深刻化しています。
職場やスーパーのドアは自動ドア、階段は使わずエスカレーター、洗濯は洗濯機が、床掃除はロボットがやってくれる時代。
昔は自らの手で、体を使って行っていた日常動作が徐々に自動化し人間の体はラクを追い求め、気が付けば体力は衰えています。

たまに階段を使うと息が切れてしまう、雑巾で床掃除すると腰がつらい、一日の仕事を終えるとぐったりしてしまいやりたいことができない・・・これは体力の低下に他なりません。

では、そんなに体が疲れているときに赤ちゃんを授かったら?赤ちゃんが生まれたら?
自分のことで精いっぱいの体で育児をするのはとても大変です。
妊活は、赤ちゃんを授かることを目標にするのではなく、元気な赤ちゃんを生み育てるまでを目標に体づくりをすることを目標にしましょう。

運動すると何でいいか一言で言えますか?

最近ではメディアでも健康に関する情報が溢れていますが、どの情報も言っていることは同じ。
「健康な体には、栄養と休養と運動が大切」
これは病気の予防でも、ダイエットのためでも、アンチエイジングのためにも、もちろん妊活のためにもみんな共通です。

では・・・なぜ運動するといいのでしょうか?一言で言えますか?
運動療法を受けに来られた患者さんに質問すると意外と答えられません。漠然と「運動は体にいいから。。。」と思って来ている方がほとんどです。

妊活中の運動の効果をご紹介していきます。

妊活女性に嬉しい運動の効果

体温上昇!血流改善!

Fotolia、写真素材、画像、イラスト素材、動画素材 (12966)

不妊に悩む女性の多くは年間通じて「冷え」を感じている女性が多く、酷いと平熱が35.0℃台の低体温症の方もいます。これは日常の血流の悪さが原因であることがほとんどです。

特にこの時期は、手足の先端が冷たくなっている人が多いようで、これは内臓の冷えからきています。

普段から座っている時間が長く、運動不足で背中を丸めたような姿勢が続いていたり、冷たい飲み物や食べ物をよく食べていたりすると内臓が冷えてしまいます。
内臓温度が下がると、機能が低下してしまうので、脳は慌てて内臓に血液を集めるように全身に指示を出します。すると、体は末端の手足に張り巡らされている毛細血管から閉じていき、内臓に血液を集めようとするのです。こうして手足がいつも冷たい状態になってしまいます。

運動をすると、全身の筋肉が縮んだり弛んだりを繰り返すので、筋肉の周りに張り巡らされている血管がもまれ、血液を押し流し、流れが速くなります。
血液の流れが速くなると体内で生産される熱量が増えるので体温が上がり、当然内臓へも血液がたくさん送り込まれるので、末端の手足まで血液がいきわたるようになるのです。

栄養の吸収率が上がり、ホルモンバランスも整う!

Fotolia、写真素材、画像、イラスト素材、動画素材 (12965)

妊娠しやすい体づくりには食事のバランスやサプリメントによる栄養療法が必要不可欠ですが、その摂取した栄養を運んでいるのも血液です。

運動で血液循環を良くすることで、摂取したビタミンやたんぱく質が各組織へ効率よく運搬され、効果や成果が表れるのが早くなります。

また、血液にはホルモンも溶け込んでいるため、ホルモンバランスが乱れて体調不良を引き起こしやすかったり、情緒不安定になりやすい傾向の方にも血液の流れを整えてホルモンの運搬をスムーズにするのはとても大切です。
34 件

関連する記事