モンスターペアレントはヨーロッパにもいる?!ヘリコプターペアレントってどういうこと?!

今や社会現象のようにメディアで取り上げられることも多い「モンスターペアレント」ですが、実はヨーロッパにも同じような傾向の親がいて、ヘリコプターペアレントと呼ばれているんです。モンスターペアレントとヘリコプターペアレントの問題点や事例についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/11/14 公開 | 175 view

モンスターペアレントはヨーロッパにもいる?!ヘリコプターペアレントってどういうこと?!

行き過ぎた子育て!モンスターペアレントとは?

かわいいフリー素材集 いらすとや (94975)

巷でこの数年よく聞くようになったのが「モンスターペアレント」ですね。
モンスター(monster 怪物の意)とペアレント(parent 親の意)を合わせた和製英語です。
子供が可愛いがあまり、自分の子供のことしか考えられず、客観的な視点を持たずに、幼稚園や学校などに理不尽なクレームを入れたりする親のことを指します。
モンスターペアレントは日本でできた言葉ですが、実は、モンスターペアレントはヨーロッパにもいるんです!びっくりしますか?
親としての気持ちは世界共通でしょうか。
今回は、モンスターペアレントについてまとめていきたいと思います。

モンスターペアレントになり得るのはどうして?

 (95011)

親にとって自分の子供が可愛いのは当然ですね。
昔から超過保護な保護者や、子供を甘やかす親はいたはずですが、今の時代にモンスターペアレントと呼ばれる人が出てきたのは一体なぜなのでしょうか?
少子化で、少ない子供に愛情が集中してしまうからとか、親の学歴も上がって教師や先生に対する尊敬の気持ちを持つ親が昔より少ない、などと言われることもありますが、はっきりした理由はわかりません。
でも、親の愛情が偏った形で出てしまって、周囲に迷惑をかけたり、白い目で見られてしまうのがモンスターペアレントの怖いところです。子供への愛情が強いはずなのに、結局子供のためにもなっていないんです。
子供の話を聞いて、思わずカッとなってしまったり、混乱したり、悩んだりすることは、誰にでもきっとあることだと思います。
モンスターペアレントとならないように、一旦冷静になったり、夫婦で話し合ったり、信頼できる人に相談してみたりすることが大事でしょう。
また、モンスターペアレントに巻き込まれて、トラブルになる可能性もあるかもしれません。
モンスターペアレントの事例を見ながら、自分の子育ての方針を考えてみたいですね。

ヨーロッパのモンスターペアレント?!ヘリコプターペアレント?

Growing Backlash Against Gen X Parents: Helicopter Parents and Overparenting (94974)

実は、ヨーロッパにもモンスターペアレントはいるんです!
英語では、ヘリコプターペアレントと呼ばれます。
ヘリコプターと親を合わせた英語です。
わかりますか?
ヘリコプターは飛行機と違って、同じ位置で飛び続けることができますよね。
子供の頭上のそばにずっといて、子供を監視できる範囲に置こうとして、子供の行動や意見をコントロールしようと、 意識的もしくは、無意識にしている親のことをヘリコプターペアレントといいます。
子供の自立を阻み、親のわがままな理想で子供の人生に関わろうとするヘリコプターペアレントはヨーロッパで大問題となって、メディアなどにもよく取り上げられています。

理不尽な要求をして、幼稚園や学校や他の保護者をびっくりさせ迷惑をかけるモンスターペアレントと、中高生や大学生、もしくは社会に出てからも子供をコントロールするヘリコプターペアレントには、同じような共通性がありそうです。
モンスターペアレントはヘリコプターペアレントになり得るのです。

実は、私の周囲にも軽いヘリコプターペアレントは数人います。
大抵、子供が可愛いあまり、そして、比較的成績も優秀でいい子だからこそ、親がそれを維持したいようで、コントロールしがちなように思えます。

モンスターペアレントの事例紹介

 (95012)

モンスターペアレントの事例を私の周りの経験や聞いた話からあげてみます。
小さなものから驚愕の事例まで数例述べていきます。

自分の子供の意見だけを聞いて全てを判断する

小さな子供が喧嘩をしたりトラブルになってしまうことは、よくあることです。小さな子供はつい手が出てしまったり、噛んでしまう子もいるし、仲良く遊んでいたと思っても、どちらかが泣き出してしまうこともよくあります。
そんなときに、自分の子供だけの意見を信用する親は要注意です。両方の意見を聞かずに判断する、絶対に自分の子供は悪くないと思っていると、自分の子が可愛いあまり、正しくない判断をしてしまい問題になっていまいます。

子供のトラブルに関わろうとしない

34 件