【お掃除のプロ松本忠男さん監修】大掃除よりも中掃除がおすすめ!効率的な進め方と体験談も

年末が近づいてくると、そろそろ大掃除の時期か・・・。と、ちょっと億劫に感じませんか?私もその一人でした。そんな方に朗報!実は大掃除よりも、季節ごとや季節の変わり目で行う「中掃除」の方がおすすめなんです。寒くて何かと忙しい年末に大掃除をしなくても、中掃除なら自分でスケジュールを決めて行うこともできますし、気持ちよく掃除ができる日に進めることができます。お掃除のプロ松本忠男さんに監修していただき、おすすめの中掃除の方法とコツについて、季節別にお伝えいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/09/04 公開 | 258 view

【お掃除のプロ松本忠男さん監修】大掃除よりも中掃除がおすすめ!効率的な進め方と体験談も

大掃除よりも中掃除がおすすめ!中掃除の大きなメリット

 (185253)

最近では、年末の大掃除ではなく、季節ごとや季節の変わり目などに「中掃除」をする方が増えているようです。
中掃除とはいったい、どのようなことを指すのでしょうか。そして、そのメリットも合わせてみていきましょう!

中掃除とは

中掃除とは、一年「中」通して好きなタイミングで行う掃除のことです。季節と季節の中(間)を指すこともあります。また、大掃除が大掛かりな掃除なら、それに比べると中程度、というように程度を指す場合も。

そもそも大掃除を行う理由は、部屋中を綺麗にして気持ちよく新年を迎えるためですよね。ですが年末は掃除しやすい気候とは言いにくいですし、帰省や行事も多く忙しい方がほとんどではないでしょうか。

それなら、大掃除の前に中掃除を行って、忙しい年末は最低限の掃除で済ませる方が楽!そのような背景から、大掃除よりも中掃除をする方が増えているようです。

中掃除の大きなメリット

先述した中掃除ですが、年末の掃除が楽になるだけではありません。特に注目したい大きなメリットがこちらです。

メリット①
気温や気候によって掃除のしやすい場所が変わるため

メリット②
一回の大掃除よりも小まめに中掃除を継続して行うと汚れが蓄積されにくい

気温や気候は季節によって大きく変化しますよね。
例えばキッチンの油汚れの場合、冬だと汚れが取れにくく、気温の高い夏だと取れやすくなります。このように季節によって掃除しやすい場所が変わるため、大掃除よりも中掃除の方が効率的に掃除ができると言えるでしょう。

また、汚れは蓄積されるとその度に取れにくくなってしまいます。
ガンコな汚れになってしまう前に、中掃除で効果的に掃除をしましょう!

季節別におすすめの中掃除の方法とコツ①春(3〜5月)

 (185254)

春を迎える直前は様々な感染症が流行る時期なので、大掃除並みに、気合を入れて中掃除することをおすすめします。また、新しい年度を迎えるにあたり、部屋を綺麗にしておくと気持ちよくスタートが切れそうですよね。

欧米には「Spring Cleaning(スプリングクリーニング)」といって「春に大掃除をする」という言葉もある通り、気候的にもっとも掃除に適している季節です。

春におすすめの掃除場所

水回り
冬だと寒くて掃除しにくかった水回りも、徹底的に掃除しましょう。
洗面台、お風呂、トイレなどのカビ取りや換気扇の掃除を行いましょう。

クローゼット
春直前は衣替えに、子どもの入園入学などでクローゼットの中を入れ替える時期でもあります。
クローゼットの中を一旦リセットするのにぴったりの時期なので、重点的に掃除しましょう。

春の中掃除のコツ

冬に残ったカビ汚れを一掃しよう
冬の結露でカビが繁殖し、窓だけではなくカーテンやラグなどのファブリックにもカビが残っている場合があります。春直前はちょうど模様替えの時期でもありますので、ファブリックを一旦洗ってリセットしましょう!

季節別におすすめの中掃除の方法とコツ②夏(6〜8月)

71 件