「ハロウィン」の起源とは?意外と知らない仮装やかぼちゃを飾る本当の意味とは?

「ハロウィン」というと「仮装パーティー」をイメージされる方が多く、意外とハロウィンの起源や由来について知らない方も多いのではないでしょうか。今さら聞けない「ハロウィン」の起源やかぼちゃを飾る本当の意味について、今回は分かりやすくご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/08/01 公開 | 11 view

「ハロウィン」の起源とは?意外と知らない仮装やかぼちゃを飾る本当の意味とは?

ハロウィンとは?起源や由来とは?

Free photo: Pumpkin, Halloween, Autumn, October - Free Image on Pixabay - 2327488 (82006)

毎年10月31日に行われる「ハロウィン」。パパやママが小さい頃は、ハロウィンなんてあまりメジャーなイベントではなかったので、「ハロウィンって何?」と実は知らない方も多いのではないでしょうか。

しかし、近年、日本でも盛り上がりを見せているハロウィン。正しい知識を知らないと、ちょっと恥ずかしいかもしれません。子供たちに聞かれても、しっかり説明出来るように、ハロウィンの起源や由来について勉強しておきましょう。

◆ハロウィンの起源

Free photo: Halloween Decorating, Pumpkin, Fall - Free Image on Pixabay - 2455253 (82066)

ハロウィンは、古代ヨーロッパに住んでいたケルト人という民族のお祭りが起源だと言われています。その昔、ケルト人にとっての1年の終わりは、12月31日ではなく、「10月31日」でした。

この日は秋の収穫を祝う収穫祭が行われていましたが、この1年の終わりの日の夜には、先祖の霊だけでなく、魔女や悪霊がやってくると信じられていたので、秋の収穫を祝うとともに、悪い霊を追い払う為の「お祭り」を行なっていたんだそうです。

これが、今で言う「ハロウィン」の元となったと言われています。ところが、時代とともにカトリック系の民族がケルト民族を侵略し、ケルト人が行っていたこのお祭りをキリスト教にも取り入れました。
その為、現在のハロウィンは、キリスト教の「聖人祭」とケルト人の「幽鬼祭」が合わさって出来たものと言われています。
ケルト人の信仰は、少し日本のお盆に似ている気がしますよね。

◆ハロウィンの語源は?

Free photo: Halloween, Sign, Holiday, Pumpkin - Free Image on Pixabay - 973853 (82067)

ハロウィンは英語で「Halloween」と書きます。
この「Halloween」の語源は諸説あるのですが、10月31日が、カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日」の前夜にあたることから、諸聖人の日の英語での旧称「All Hallows」の「eve(前夜)」=「Hallows eve」から、「Halloween」と呼ばれるようになったとされています。

他にも、神聖な「hallow」と夜「evening」が合わさり「Halloween」となったいう説もあります。

かぼちゃの意味は?「ジャコランタン」って?

Free photo: Halloween, Ghosts, Pumpkin - Free Image on Pixabay - 1743239 (82007)

ハロウィンと言えば、オレンジ色のかぼちゃを連想しますよね。何故このかぼちゃを使うのか?また、かぼちゃをくり抜いて作る「ジャコランタン」にはどんな意味があるのかについてご紹介します。

◆ハロウィンは何故かぼちゃ?

Free photo: Pumpkins, Halloween, Autumn - Free Image on Pixabay - 1572864 (82068)

ハロウィンの時期になると、いろんなところに飾られる「かぼちゃ」。どうしてハロウィンには「かぼちゃ」なのでしょうか。

ケルト人の時代は、収穫祭や悪魔祓いの儀式の際、カブをくり抜いてランタンとして使っていました。しかし、後にアメリカに伝わった際、あまりカブに馴染みがなかった為、代わりにたくさん収穫されていた「かぼちゃ」を使ってランタンを作るようになったそうです。これが、現在のハロウィンの象徴となる「ジャコランタン」の元となりました。
因みに、ハロウィンの本場であるスコットランドでは、現在もカブが使われているんですよ!ちょっと見てみたいですよね。
52 件