出産後は市役所へ!?手続きすべきこと8つ◇必要書類や期限&パパも安心リスト化のすすめ♡ (page 3)

出産ごに忘れてはいけない事、それは市役所などでの赤ちゃんが生まれたことによる手続きです。出産後のツライ時期に慌てないよう市役所などへの持ち物や期限は、しっかりチェックしてリスト化しておくと安心です!そんな出産後の手続きについてまとめました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/05/28 公開 | 609 view

出産後は市役所へ!?手続きすべきこと8つ◇必要書類や期限&パパも安心リスト化のすすめ♡
 (118477)

医療費控除は健診や分娩や通院の交通費など妊娠、出産にかかわる費用を含め、家族全員の年間医療費が100,000円を超える場合に、確定申告をおこなって還付してもらうための手続きになります。
健診や出産など、普段の年よりも医療費がかかっている場合も多いので、家族全員分の医療費の領収書を確認し合算してみましょう。
ただし、出産育児一時金及び出産育児給付加金や医療保険で補償された金額は差し引いて申告することとなります。
医療費控除は確定申告ですので、翌年の3月に税務署で申告します。

高額医療費については、健康保険が適用される治療で自己負担の限度額を超える医療費がかかってとき、超過した分を還付してくれる制度ですので、帝王切開など出産にかかわる費用が高額になった場合に手続きをすることとなります。
わたしの経験を例にしますと、次男の出産が緊急帝王切開となったため、費用が高額となりました。
手続きについてどうしたらいいのかわからず、夫に担当窓口へ行ってもらい必要な書類などの説明を受けてもらい手続きしました。後日、還付金が夫の口座に振り込まれていました。
『わからないけど、こんなのある!』と認識していれば、問い合わせることができるので、万が一の時のために頭に入れておくといいでしょう。

医療保険についても、帝王切開術や妊娠高血圧症などの妊娠中の管理入院など保険が適用される場合があります。診断書や領収書など提出しなければならないものもあります。万が一のときは、保険会社に問い合わせて必要なものを取り寄せて手続きし、保証してもらいましょう。

出産後の手続きは出産前にリスト化がおすすめ!

 (118480)

出産後、市役所などで手続きしなくてはならないものをまとめてみましたがいかがでしたか?

わが家のリストを画像にてご紹介しましたが、その中に【マイナンバーカード】と記載しています。夫が最後に手続きしてくれたのはマイナンバーカードの利用が開始されて間もなくでした。
夫からは『持っていたけどいらなかったよ』との報告を貰いましたので、もしかしたらいらないかもしれません。そのあたりも、一度確認しておくといいかもしれませんね。

赤ちゃんが生まれたことを行政に知らせて、受けられるサービスをすべて受けるための手続きです。期限を守って滞りなくできるといいですね!
35 件