不妊治療が必要な場合も!二人目不妊の原因と医師に相談する目安とは (page 2)

「1人目はすんなり妊娠出来たのに、2人目はなかなか…あれ?もしかして私…。」と、2人目不妊で悩んでいる方は、最近増えてきています。原因は様々で、治療が必要な場合もあります。医師への相談の目安や、自宅で実践出来る事など、2人目不妊に関する全てを、分かりやすく解説をしていきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/27 公開 | 241 view

不妊治療が必要な場合も!二人目不妊の原因と医師に相談する目安とは

原因4.加齢

2人目を考える時は、1人目を産んだ時よりも年齢を重ねているのは、言うまでもありません。加齢は、卵巣・精巣機能を低下させる為、卵子と精子の質が下がります。当然、質が下がると妊娠する確率も下がるので、2人目不妊の原因になります。

原因5.実は不妊症だった

偶然1人目はスムーズに妊娠出来たけど、実は本当は不妊症で、2人目はなかなか妊娠出来ない2人目不妊のパターンもあります。

男性に原因があることもある

Free photo: Doubt, Portrait, Doubts, Notion - Free Image on Pixabay - 2072602 (42023)

不妊症と言うと、女性だけに原因があると思われがちですが、実は、男性側に原因がある場合もあります。
女性の原因41%、男女両方の原因24%、男性の原因24%、原因不明11%というデータになっています。

造精機能障害

男性側に原因がある場合は、造精機能障害という、精子を作り出す機能に問題があり、精子を上手く作れない状態である事が多いです。割合としては、造精機能障害が男性不妊の原因を占める割合は約90%です。造精機能障害には以下の様な症状があります。

・無精子症
・乏精子症
・精子無力症
・無精液症

その他の原因

・精管通過障害:精巣ではきちんと精子が作られているにもかかわらず、何らかの理由により、射精された精液には精子が極めて少なくなる症状

・機能障害:勃起しない為に性生活が出来ない状態や、勃起はしても十分な勃起にならない、あるいは維持出来ない為に、満足な性生活が行えていない状態
不妊治療は、男女共に原因を探る事が基本です。男性も積極的に協力して2人で問題解決をしていきましょう。

原因不明の場合もある

Free photo: Application, Cover Letter - Free Image on Pixabay - 1756278 (42024)

不妊症の検査をしても、明らかな原因が見つからない場合の不妊症を、原因不明不妊と呼んでいます。原因不明不妊と言っても、原因が全く無いわけではなく、検査では見つけれない原因が潜んでいるということです。原因不明不妊の要因は、以下の2つではないかと考えられています。

・何らかの理由で卵子と精子が体内で受精出来ていない
・卵子と精子の妊孕性が低下している、または無くなっている

原因不明不妊は、夫婦の年齢が高くなるにつれて、割合が上がると言われています。「もしかして…?」と思ったら、迷わず早期に受診しましょう。
45 件