赤ちゃん言葉はいつから?たくさん話しかけておしゃべりを上手に上達させよう♡

赤ちゃんと話せるのはいつかいつかと思いながら日々話しかけていると思います。では実際に言葉を話すようになるのはいつから?という疑問に答えています!また赤ちゃんの言葉の発達を促すためにやってもらいたいことや続けて欲しいことをご紹介しているので、家族でいっしょに赤ちゃんの言葉が発達するように実践していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/23 公開 | 395 view

赤ちゃん言葉はいつから?たくさん話しかけておしゃべりを上手に上達させよう♡

赤ちゃん言葉とは?

Free photo: Mother, Fun, Baby, Happy, Smiling - Free Image on Pixabay - 84628 (80637)

赤ちゃんの言葉、所謂「赤ちゃん言葉」とは生後10ヶ月ごろから赤ちゃんが話始める「まんま」「まー(ママ)」「パー(パパ)」などの言葉です。おおよそ3歳前後まで親との意思疎通手段として使われる言葉で、赤ちゃんによって話す言葉はさまざまです。赤ちゃん言葉は幼児が話やすい短縮された言葉や擬音語、擬態語が多いです。赤ちゃんによっては10ヶ月を迎えてもなかなか言葉がでない子もいるため、赤ちゃん言葉を話すタイミングには個人差があります。

赤ちゃん言葉はママやパパが赤ちゃんに話しかけることで言葉が発達していきます。普段赤ちゃんとなかなか触れ合わない、スキンシップが少ない場合には赤ちゃん言葉の発達も遅れてしまうので、日頃から赤ちゃんとのスキンシップを大切にしましょう。昔は赤ちゃん言葉で話しかけると発達が遅れるともいわれていましたが、新しい研究では赤ちゃん言葉でコミュニケーションを取った方が赤ちゃんの語弊が発達すると分かっています。

赤ちゃんの言葉の発達具合

Free photo: Brothers, Family, Siblings, Boys - Free Image on Pixabay - 457237 (80638)

赤ちゃん言葉というと赤ちゃんが発する言葉がすべて当てはまるかといえば、そうとは限りません。赤ちゃんの発する言葉の一つに喃語がありますが、喃語とは意味のある言葉を発する前の「だぁだぁ」などまるで喋っているかのように出す声のことです。赤ちゃんはクーイングや喃語を経て赤ちゃん言葉を話すようになっていきます。

生後0~3ヶ月程度

Free photo: Baby, Baby Girl, Sleeping Baby - Free Image on Pixabay - 784607 (80654)

初めは表情が乏しかった赤ちゃんも成長するにつれて笑うようになってきます。言葉や喃語はまだですが、クーイングといって喉から出す音(声)で笑ったりこちらに話しかけるような仕草をします。まだまだ言葉の意味も分からない時期ですが、たくさん話しかけてスキンシップを大切にしましょう。

生後4ヶ月~9ヶ月程度

Free photo: Paternity, Baby, Child Care - Free Image on Pixabay - 633453 (80655)

生後4ヶ月を迎えると喃語を話すようになってくる時期です。しだいに発声量も増えてきて、低い声から高い声まで出せるようになってきます。唇を震わせて「ぶぶぶ」としたり、「だだだ」「ぱぱぱ」といった言葉を発するようになってきます。

生後10ヶ月~1歳程度

Free photo: Baby, Baby With Mom, Mother Kiss - Free Image on Pixabay - 165067 (80656)

42 件