安心?安全?母乳育児中のカフェインレスコーヒーについて徹底解説

元々コーヒー好きなお母さんは、授乳期間でふとリラックスしたい時コーヒーが飲みたくなることありませんか? でも、やっぱり気になるのはお子さんへのカフェインの影響ですよね。 そもそもカフェインがどの程度乳児に影響するのか? カフェインレスコーヒーといっても、カフェインの除去率が100%じゃないものも沢山出回っているけど飲んで本当に大丈夫なのか? 自身もコーヒー好きで授乳期間中に色々試してみたライターがカフェインレスコーヒーのあれこれについてお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/09/29 公開 | 470 view

安心?安全?母乳育児中のカフェインレスコーヒーについて徹底解説
母乳にいい飲み物は?授乳中のママの乳腺炎予防にもなる? - こそだてハック (741)

そもそもカフェインが赤ちゃんに与える影響って?

母乳にいい食べ物・食事方法は?授乳中に食べてはいけないものは? - こそだてハック (743)

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには脳に刺激を与え覚醒させる作用があるので、私たち大人は眠気覚ましや集中したいときに欲しくなりますよね。
これを授乳中の母親が摂取すると、なんと30分で体内のカフェイン濃度が最高値に達し、そのうちの約1%前後が母乳に移行することが分かっています。

そしてカフェイン入りの母乳を飲んだ赤ちゃんは「寝付きが悪くなる。」「興奮して夜泣きをする。」などの影響がでるとも言われています。
また赤ちゃんの体内に入ったカフェインは消化されるのに3日もかかるそうです。

カフェインレスとノンカフェインの違い

「カフェインレス・ノンカフェイン」で得られるメリットと知っておきたい安全な抽出法[カラダノート] (746)

カフェインを控えたい方向けのコーヒーには「カフェインレス」「ノンカフェイン」「デカフェ」などさまざまな呼び名がありますが、カフェインの含有の有無で異なるようです。

カフェインレスコーヒー/カフェインの含有量が限りなく0に近いが微量に含まれているもの(コーヒー豆のカフェインをなるべく除去したコーヒー)
ノンカフェインコーヒー/カフェインが含まれていないもの(たんぽぽコーヒーなど)
デカフェ/カフェインレスと同じ。微量に含まれる。

カフェインレスコーヒーの母乳への移行は大丈夫?

母乳にいい飲み物は?授乳中のママの乳腺炎予防にもなる? - こそだてハック (749)

市販のカフェインレスコーヒーのカフェイン除去率は約97%前後が多いようです。
そしてコーヒーを飲んだ後のお母さんの体内では約30分後にカフェインが最高値になり、そのうちの約1%前後だけが母乳に移行します。

ということを考えてもそもそもカフェインが3%くらいのカフェインレスコーヒーから母乳へ移行するカフェインの量は微々たる量だと推測できます。
通常のコーヒーでも1日1-2杯程度なら影響はないと言われていますのであまり神経質にならなくても大丈夫そうですね。

カフェインの除去方法によっては注意が必要ってホント?

 (752)

カフェインレスコーヒーのカフェイン除去方法は主に次の3つがあります。

水を使う方法(水抽出法)
二酸化炭素を使う方法(超臨界二酸化炭素抽出法)
薬品を使う方法(有機溶媒抽出法)

1、2については安全性が確認されていますが、3については薬品が豆に残留する可能性があるということで日本国内での製造、販売・輸入は禁止されています。

日本で販売されているカフェインレスコーヒーについては安心して飲んでいただけますが、海外のお土産品などの場合には確認してみたほうが良さそうですね。
29 件

関連する記事