家計の上手な見直しポイント②減らすなら固定費!ココを考えれば支出が変わる!

なかなか貯金ができない・・・毎月赤字でボーナス頼り・・・など家計のやりくりに苦労されている方いませんか?なかなかやりくりって難しいものですよね。そこで考えるのが家計の見直し。前回は家計の見直しのためにすぐにできること4つをご紹介しましたが、今回はその中のひとつ、「固定費を見直す」ことに的を絞り、もう少し詳しくご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/11 公開 | 337 view

家計の上手な見直しポイント②減らすなら固定費!ココを考えれば支出が変わる!

家計の見直しをするなら固定費から!

Free photo: Calculator, The Hand, Calculate - Free Image on Pixabay - 428294 (78438)

前回、家計の見直しをするなら、固定費からがおすすめというお話をしました。その理由は、固定費を少しでも減らせば、毎月一定額、節約することができるからです。しかし、減らすには多少労力もいるということもお話ししました。

*住宅ローン
*生命保険料
*自動車保険
*スマホ料金

今回はこれらの4つの固定費の節約に焦点を当て、どう減らすかを考えていきましょう。

①住宅ローンの見直し

Free photo: Home, Building, Residence - Free Image on Pixabay - 1353389 (78443)

まずは住宅ローンを見直してみましょう。家を建てるときに借りたまま、そのまま更新して借りっぱなし・・・という方はいませんか?そういう人は見直しを考慮に入れてみましょう。

◆住宅ローン見直しをする理由は?

住宅ローンの見直しをする理由は、次の2つが考えられます。

・当初の返済計画通りかどうか確認するため
・金利の変化を確認するため

人生、何があるか分からないので、家計の状況はその時その時で変わってくるものですね。当初の計画通りに返済できているのか、定期的に見直す必要があります。もし今余裕があるなら、繰り上げ返済を考えるなどし、月々の返済額や返済年数を減らすこともできます。

また、毎年ローンの商品は変わっていきます。最初の数年は金利がお得なプランでも、契約期間が終わったとたん、高くなることも。そのまま何も考えず言われるがまま更新してしまうと損をしてしまう・・・という場合もあるようですよ。

◆どう見直すかを考えよう

Free illustration: House Insurance, Protect, Home - Free Image on Pixabay - 419058 (78916)

見直すときには、どう見直していくのか考えてみましょう。住宅ローンの見直しには、

・繰り上げ返済
・借り換え

という主に2つの方法があります。まず、繰り上げ返済は先ほどもお話しした通り、借りた元金を早く減らすことで、支払う利息の節約をすることができたり、返済期間を短くすることができます。30代半ばで35年ローンを組めば、サラリーマンですと退職後に完済となる方がほとんどですが、できれば退職までに返したい!という方が多いですよね。余裕があるときに、できるだけ繰り上げて返済したほうが、節約になるでしょう。

また、金利条件によって、今のものをずっと契約するよりも、他の商品に借り換えする方がお得!という場合もあります。少しでも金利の低い商品にすることで、利息の節約につながります。固定金利の切り替えのタイミングや、定期的に新しいものにも目をむけていくといいですね。

借り換えのときには、次の記事の返済計画を参考にしてみるといいですよ。

②生命保険料の見直し

Free photo: Calculator, Calculation, Insurance - Free Image on Pixabay - 385506 (78444)

◆生命保険を見直すタイミングは?

42 件