【子育ての悩みQ&A】子どものおねしょ原因と対策は?夜尿症との違いなどを解説します!

昼間のおむつはとれたのに、夜のおねしょだけは一向に治らない・・・これってうちの子だけ?!と心配しているママはいませんか。子育て中は悩みはつきものですが、相談するにもちょっと恥ずかしい、子どものおねしょの悩み。Q&A方式で子どものおねしょの原因と対策や、子育てママが気になる夜尿症との違いについてお答えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/01/16 公開 | 1329 view

【子育ての悩みQ&A】子どものおねしょ原因と対策は?夜尿症との違いなどを解説します!

Q.子育ての悩み・・・子どもはおねしょをいつまでするの?

おねしょイラスト/無料イラストなら「イラストAC」 (102165)

A.おねしょは個人差が大きい部分です

おねしょとは寝ている時に意識なく、夜尿をしてしまうことを指します。まずは一般的な年齢と夜尿の関係についてチェックしてみましょう。

【赤ちゃん時期】
基本的には赤ちゃんの頃は昼夜問わず、おしっこをします。

【2~3歳頃】
2~3歳ごろになると、おしっこ膀胱に貯められるようになります。そのため、おしっこの間隔が空いてきます。その時期を見計らい、トイレトレーニングを始める人も多いですね。しかしこの時期は個人差があり、2~3歳になってもおしっこの間隔が開かない子もいます。そしてまだ、夜の間の膀胱に貯められる部分は不安定で、おねしょをする子も2人に1人はいます。

【4~5歳頃】
4~5歳くらいになると、夜の間の膀胱に貯めることができるようになってくる子が増えます。約7割から8割の子はおねしょをしなくなってくると言われています。しかし、まだまだ個人差の大きい年齢です。

【6歳以上】
6歳以上になると、おねしょをする子は15%くらいと言われています。小学校へ上がるということでひどく心配する親子も多いですが、10人に1人ちょっとは、おねしょをする子はいるということです。

Q.夜尿症とおねしょは違うの?

Free illustration: Question Mark, Question, Mark, Sign - Free Image on Pixabay - 1722865 (102169)

A.一般的に幼児期の夜尿をおねしょ、小学生以上は夜尿症と呼びます

夜尿症、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。夜尿症というと、何か重大な病気のような気がしてしまいますが、おねしょと実質は変わりません。夜に無意識におしっこをしてしまうという症状です。

幼児期の夜尿はおねしょ、小学生以上は夜尿症と呼ばれるのが一般的のようです。それは夜尿をする子が、小学生以上になると減ってくるため、また適切な治療をとった方がよいということで、そのように呼び名を変えているという説があります。

Q.おねしょの原因って何?

Free photo: Tap, Water, Kitchen Faucet - Free Image on Pixabay - 1728104 (102168)

A.水分の摂りすぎから精神的ストレスまで、原因は様々です

おねしょの原因も個人差が大きく、いろいろな要因が考えられます。

*膀胱が未発達
*生活習慣の乱れ(夜更かししている、リズムが崩れている)
*体の冷え
*寝る前の水分の摂りすぎ
*精神的ストレス
*体調不良
*膀胱や腎臓の機能低下

この中で、思い当たる原因はあるでしょうか?

よく言われるのが、寝る前に水分を摂りすぎているのではないか、という原因ですね。しかし、いくら水分を控えていても、するときはするのです。低年齢の場合は、膀胱の発達が原因であることが多いでしょう。

生活習慣の乱れや体調不良、体の冷えなどもよくある原因です。我が家の子どもたちも、冬になるとおねしょが増えました。また、寝る直前までテレビを見ていた、お泊りなどでいつもと生活リズムが違うなどの場合は失敗しやすいです。

Q.おねしょの対策の仕方は?

トイレトレーニングのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (102142)

A.おねしょの原因を取り除くことが一番の対策です

35 件